業績を伸ばしている企業訪問レポート

共に経営を学ぶ鈴木飛雄馬さんの経営するGFCサービスを訪問してきた。
110415-01.jpg
<<子供たちの職業体験も受け入れている>>
GFCとはGood Footwork Communicationの略。
文字通りフットワーク、機動力と親密性を売りにする会社だ。
http://www.gfcservice.com/
業務内容は、付加価値の高いカーメンテナンス。
自動車のボディーコーティング、ウインドフィルムの施工などからカーナビの取付け販売、鈑金塗装
車にまつわる付加価値メンテナンスと優良中古車を提供している。
鈴木さんの会社の業務の内容は昨今オートバックスなどでも行っているが
ターゲットを厳選し、より質の高いサービスを提供している為明確に差別化を実現できている。
オートバックスなどの『とりえずやってもらう』タイプの廉価版サービスに対して
GFCサービスは商品と施工だけでなくの車の価値を最大化する付加価値サービスを提供している。
従業員数は18名?
拠点は2拠点。
横浜市都筑区(第3京浜港北インターより車で5分)の本店と泉区の2拠点だ。
それぞれに認証工場の第2工場もあり
設備や車を載せて運べるキャリアカーも3台と充実した設備を用意している。
今回は本社を訪問してきた。
110415-02.jpg
<<納車引き取り用のキャリアカーも3台稼働している>>
鈴木さんの仕事は世間一般的には車の販売台数に比例する為縮小傾向。
また、大手であるオートバックスなども事業領域を広げている為 業界的には寡占化が進み絶対的に逆風だ。
しかし鈴木さん率いるGFCサービスは確実に業績を伸ばしている。
理由は皆さんの目にも明確な鈴木さんの人柄。
営業のほぼ100%近くはTOPである鈴木さんがきっかけを作る。
それを飛雄馬さん率いるチームGFCサービスが高い志しの元お客様に質の良い仕上がりで車と気持ちを納める。
鈴木さんの人柄が作ったリーダーシップ型ビジネスモデルの成功事例だと思った。


そして話を聞いていて、
更なる強みに顧客数が多い事も上げられる。
顧客は個人だけでなくディーラーからの請け仕事も多く含まれる。
新車納車前のメンテナンスを依頼されたりする。
これをディーラーの本社レベル、支店レベルで受注している。
神奈川県の名だたる国産から輸入車のディーラーを押さえている。
話は変わるが、何を隠そう私も先般 コーティングとカーフィルムを施工してもらった。
家が近い事もあり自宅にまで引き取りに来てくれた。
そして代車も用意してくれる。
この至れり尽くせりのサービスが仕組みとして多くの顧客に提供できているのだろう。
こんな時代でも業績が伸びる理由が良く分かる気がする。
そんな鈴木さんも悩みがある。
仕事柄 体力勝負の所がある。社員さんみんなが夜遅くまで限界を越えて働いている。
人の体力、気力にも限界がある分 今のままではみんな倒れてしまうのではないか心配をするが
人を増やすにもクオリティー重視の視点から増やしづらい面がある。
この辺が今後の課題のようだ。
将来は今の業務を分社化して多くの経営者を育成輩出してホールディングカンパニー化を実現したいと言う鈴木さん
また、今後の展開として中古車の東南アジア含め海外への販売も考えている鈴木さん。
仲間としても今後の発展が楽しみだ。
最後になるが1点あっと驚く好印象があった。
会社(事務所と工場・駐車場)がとてもきれい。
5Sが行き届いている。
110415-03.jpg
<<中に入ると更にイメージが良い>>
とても気持ちが良い。
しかもこれを男性社員だけで実現している。
皆さんも企業訪問必見の1社だ。
きっとあなたも鈴木さん率いるGFCサービスに仕事を依頼したくなるだろう。
松井洋治


■株式会社ジャパンパーソナルコンピュータ
■企業を成長させる一元管理ドットコム
代表取締役/代表理事 松井洋治
〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル402-A
TEL:045-444-2259(代) FAX:045-444-2258
フリーダイヤル:0120-584-695

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です