○○業界の○○になる Part2!実践編

今月のニュースレターは
○○業界の○○になる Part2!実践編
前回のニュースレターから、引き続き反響をいただきました「○○業界の○○になる」
早くも成果や進展している話が出ています。
今回も最後まで読んだらいいねボタン押してね。
そしてみなさんから面白かった!でもどうすればいいの? なんて声もありました。
今回は、早速実践した事例の紹介です。
そう、これがかなり面白い!!
是非内容をご覧ください。


あの記事の後、ある鉄筋工事会社のK社長とミーティングを行った。
E社でも「○○業界の○○になる!」を実践し組織を成長させようということなった。
IMG_1096.jpg
しかし、E社の社員さんたちに事例に挙げたSONYやユニクロ、ディズニーランドといっても
さっぱり分からないという声が返ってくるだろうと言うことになった。
早くも頓挫か?
言われてみるともっともだ。
普段 現場を中心に働く社員さんたちに
ディズニーランドのマネをしろ なんて言っても 「何言ってんの?」と言われるのが関の山。
しかし意図があれば方法は無限大です。
考えればアイデアがわいてくる。
そしてこの柔軟な戦略にたどり着いた。
K社長と話し合いみんなが分かる共有できる会社はないかと考えた!
するとあるではないか。
“ワンピース“
そうです。マンガのワンピースである。
マンガのワンピースをモデリングするのである。
ワンピースオフィシャルサイト


実はこの会社の、毎月のミーティングに参加させてもらっている。
今年に入ってこんなエピソードがあった。
当時この会社では、若手人材の遅刻、欠勤が大きな課題だった。
その時も、この問題を解決してくれたのもワンピースだった。
当時こんな企画が持ち上がった。
若手5人が1週間遅刻しないで会社に来ると
K社長からワンピースの単行本1冊が会社の文庫に寄贈される。
しかし、もしひとりでも遅刻や欠勤をしたらその週は×
遅刻した本人が自腹で会社の文庫に寄贈する。


効果はてき面だった。
翌日から若手の遅刻や欠勤が激減した。
若手の遅刻は、親方たちを本当に悩ませていた。
遅れる事で道路は混み、仕事のスタートは遅れ、成果に大きく影響する。
あてにならない事に親方たちは本当に困っていた。
現場を取り仕切る親方のひとりは「心が折れそうだ」とまで言っていた。
それが毎週、K社長からのワンピース寄贈がきっかけで大きな改善がなされた。


そんな出来事もありワンピースは絶好のモデリング対象だ。
これなら社内で知らない人はほとんどいない。
ここでワンピースについて知らない方に説明しよう。
ワンピースとは、今や国民的愛読書と言われるくらいに人気の漫画本だ。
元ヤング世代の方が分かるタイトルでいうと「巨人の星」や「ルパン三世」などが上がるが、
いまでは人気はそれ以上だ。
中心支持層も幅広く30代~小学生の子供までがワンピースを支持している。
多くの人に夢と勇気を与えている。
11月4日発売された単行本の最新刊はなんと400万部の売れ行きだ。
あのベストセラー「もしドラ」でも足かけ3年かかって250万部である。

ONE PIECE 64 (ジャンプコミックス) ONE PIECE 64 (ジャンプコミックス)
(2011/11/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

そしてその内容だが、これがまた面白い。(らしい)
海賊の物語。なんと海賊王を目指す物語。
仕事で言うと業界No1を仲間と目指す物語になっている。
数々の難関を乗り越えその度、仲間との関係が強化される。
テーマがチームであり友情だ。
組織運営、リーダーシップの最高の教科書になる。
かくなる私も全64巻を大人買いして読むこととなった。
ONE PIECE!
是非皆さんも再考してみてください。
ワンピースをモデリングするも良し、はたまた他社も良し
必ず絶好のモデリング対象があり自社が加速的に成長するチャンスがある。
今後、進捗状況についてもお伝えできればと思う。
松井洋治


■株式会社ジャパンパーソナルコンピュータ
■企業を成長させる一元管理ドットコム
代表取締役/代表理事 松井洋治
〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-10-13 横浜東口ビル402-A
TEL:045-444-2259(代) FAX:045-444-2258
フリーダイヤル:0120-584-695

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です